眠りと音楽を科学化したRBS技術

お好きな音楽で睡眠レッスンを可能にする、
入眠時の脳波(シータ波)に着目したRBS技術が、
Neurogixs製品を支えます。
バイノーラルビート

Binaural Beats & Effects

6Hz Frequency Modulation(Increase in Theta frequency)

入眠時の脳波(シータ波)に着目
&バイノーラルビート理論を応用

日中の生活の多くは、
軽い緊張状態の脳波「β(ベータ)波」です。
リラックスには「α(アルファ)波」が大事、
ということは有名ですが、
私たちは眠りに重要な「θ(シータ)波」に着目しています。

1839年ドイツの物理学者H.W.Doveによって発見された
バイノーラルビートは、
左右の耳から異なる周波数の音を聞くと、
周波数の差の成分が頭の中で作り出される現象で、
イヤホンから聞いた時のみ、その効果が現れます。

入眠時の脳波(シータ)波は4から8Hz。
左右の耳から6Hz違いの音を聞けば、
頭の中でシータ波と同じ成分が作り出されるのです。

RBS技術

RBS技術

RBS技術

RBS Technology

RBS(Real-time Binaural Sound)技術は、
どんな音楽からもリアルタイムでバイノーラルビートを含んだ音楽に変換する高度な技術で、世界各国で特許を取得しています。

だから、あなたのお好きな音楽からシータ波を作り出し、睡眠サポート音楽にすることもできるのです。

スマートフォンに保存してある音楽だけでなく、ストリーミングサービスでもご使用いただけます。

睡眠計測

睡眠の科学化

睡眠計測
睡眠計測

睡眠を科学的に解析して生まれたRBS技術

自然音にはリラックス効果やノイズマスキングの効果が期待できますが、眠りへのアプローチはありません。
リアルな日常音をバイノーラル録音したASMR音源は、
一部の人には心地よく感じるようですが、やがて慣れが生じ、
より強い刺激のコンテンツを探すようになるため、良質な眠りには向きません。

睡眠時の脳波やバイノーラルビート理論、
音楽そのものが持つリラックス効果を科学的に解析して生まれたRBS技術には、科学に基づく睡眠へのアプローチがあります。

睡眠キュレーション

RBS特許

睡眠キュレーション

世界各国のRBS特許番号


・日本特許番号:6362223
・韓国特許番号:10-1590046
・米国特許番号:US 10,029,066 B2
・PCT出願番号:PCT/KR2019/001008
・中国出願番号:201910110974.8

技術検証

検証

臨床研究の詳細

韓国の国立ソウル大学病院にて、睡眠とメンタルヘルスの専門教授指揮のもと、
音楽と睡眠時の脳波と睡眠の質の関係について、臨床研究も実施しています。

この研究では、普通に音楽を聞いた場合と、RBS技術を用いた音楽を聴いた場合を比較し、
RBS技術は入眠までの時間の短縮や、睡眠の持続時間が改善することがわかりました。